スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親孝行ストーリー?

いつもだったら、温泉旅行は格安の特急券などを自分で手配して行くんですが。


今回は親も一緒だし、ということでJRのパックツアーで行くことに。


いや、結構、お得ですわ。これ


往復の交通費込みだから、結構、安いですよね。


スポンサーとしては、ありがたいですわ。


びゅうカウンターのスタッフも、意外と対応が良かったし。


鶴の湯って、冬の間は特に人気があるらしく、10月時点で1月中はほとんど満室ですた。


んで、会社を1日だけ休んじゃうことにして、金曜に行くことに。


ラッキーなことに、離れだけれど、本陣が最後の1部屋だけ空いているってことで予約しますた。


いやね、泊まってみたらわかるけれど、泊まるんだったら、本陣ですよ!


すっげくボロくて、囲炉裏がついていて、雰囲気が最高す!


まずは、東京からこまちで田沢湖まで向かうことに。


CIMG2433.jpg



家から酒を持ってきて、東京駅で買った駅弁を肴に呑んだくれながら向かいましたさ。


そん時は盛岡まで雪が降ってなかったんですよね。


盛岡を過ぎて秋田へ向かうあたりから雪が見えてきて、テンションあがりまくりですた。


CIMG2453.jpg



田沢湖から山奥までバスで移動するにつれて、雪がすげぇことに。


CIMG2463.jpg


CIMG2473.jpg


CIMG2475.jpg



天気もよく、すっげぇ気持ちよかったでし!


CIMG2479.jpg



露天風呂が、んもう、まさに秘境温泉って感じ!


すっげぇ雰囲気がよくて、自己陶酔してしまいまさ。


CIMG2483.jpg


CIMG2490.jpg



ただ、他の客がじいさんばっかで、景色はあんま良くなかったけれど。


露天風呂は混浴だったんで、すっげぇ久しぶりに、両親と一緒に温泉につかりますた。


なんか、両親の裸ってのも、気恥かしいものですねぇ?


お父さんって意外と立派なの持ってたんだ・・・と見なおしてみたりw


晩メシは部屋出しでした。


まずはイワナの串焼きが囲炉裏にて焼かれます。


CIMG2501.jpg


CIMG2521.jpg



これだけで、すっげぇ盛り上がりますよねぇ。


んで、山菜やキノコを中心とした諸々のごはんが並べられました。


CIMG2525.jpg



オラ、旅館での山菜料理って、あんま好きじゃないんですが。


こちらの山菜やキノコはウメかったです!


上等な肉や高級食材なんてのはなく、地元の食材を生かした素朴な料理って感じで、これはこれで逆に好感ですた。


CIMG2526.jpg



んで、芋鍋でさ!


CIMG2527.jpg



いや?やっぱ、囲炉裏に出されて、自分でよそって食べると、また雰囲気が違いますねぇ。


おいしく平らげますた。


スタッフも地元の人らしく、とても丁寧でしたわ。


方言がね、もうカワイイんすよ!


田舎っぺらしいあんちゃんが、「?だす。」とか、「?だすね。」って言ってくるんです。


もう胸キュン♪だす!愛しい。。。。(*^_^*)


夜になると、雰囲気がまた違ってきて、すげぇでしたわ!


IMG_0437.jpg


CIMG2510.jpg


CIMG2517.jpg



雪も降ってきたので露天風呂にお酒を持ち込んでつかりましたさ。


湯気がすごくて、向こうが見えません。


ランプの光に湯気が浮かび上がります。


これこそまさに秘境温泉でしたさ!


親とも、新幹線や部屋、風呂でずっとオシャベリしっぱなしですた。


旅館にはテレビがないんすよ!


部屋にある機械ものといったら、ランプと暖房機器、電話ぐらい。


あ、トイレにはビデウォッシュがついていたので、なんとか最低基準すれすれですた。


旅行する前は、話題のネタとか大丈夫かなぁとか心配してたんですが。


オシャベリ好きな母とタンタン、オバサン2人がいれば問題なしですたw


CIMG2529.jpg



夜には布団を並べて寝たんですが。


親とこうして一緒に寝るのも、これが最後かもなぁなんて思うと、少し、しんみりしますた。








スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 実録オトコ二人のメシ日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。