スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分の叔父さんと叔母さん

080622.jpg


今日、実家の実家がある大分から叔父と叔母が来るというので、タンタンと一緒に実家へ顔出してきました。

正確には、おかんの姉夫婦です。おかんとは仲のいい姉なので、小さい頃からオラもかわいがってもらいました。

おかんから、叔父さんや叔母さんとはこれが最後になるかもしれないから心して来なさい!と脅されたんです。

めっそうもないと思ってたんですが、久しぶりに会う叔父さん・・・老けてました。

もう75歳だそうです。

オラが知っている叔父さんはバリバリの九州男児って感じで、酒呑めや!おらおら!というまさにオトコというイメージでした。

体格や顔も、まさに九州男児って感じで、西郷隆盛を少し濃くしたような感じ。

子供心に、ちょっと、あこがれてたんですよね(〃▽〃)

それが、10年ぐらい会わないうちにすっかり痩せて老けこんでいました。もうお爺さんって感じ。

75歳なんだから当たり前なんですがね。。。

酒もあまり飲めないようになっていました。これが一番ショックでひた。

大昔、親戚の集まりの時、小3のオラを酔っ払わせた本人とは思えません。

ちびちび飲みながら、近況などなどを話しました。

こないだ九州へ旅行に行ったばかりだと話すと、九州に来たら大分に寄れ!と怒られました。

次に九州へ行く時は寄りますです。





ちょっと思うことがあったので備忘メモ。

叔父さんはまさに九州男児なタイプと書いたけれど、それは裏返せば、頑固なところがあるんです。

なもんで、息子が2人(オラにとってはイトコ)がいるんですが、高校の頃からもうグレるわで大変だったんですよ。

オヤジに反発して、家出を繰り返してたんです。オラたち周りから見れば、似たもの同士って感じだったんですがね。

しまいには、半分家を出る形で、東京の大学に出てきたんです。

家を出る形なもんだから仕送りなんかほとんどないんです。

それで、うちのおかんがそれとなく面倒みてたんですね。叔母さんから預かった金をお小遣いだと渡したりして。

んで、今は息子2人それぞれ家庭を築いてるんですが、実家には滅多には帰らないんですね。まだオヤジとは仲が悪いというか、わだかまりがあるみたいで。

今は叔父さん叔母さん2人で、大分の広い家で2人きりで暮らしているんです。

もともと、息子たちと一緒に暮らすことを考えて建てた家なので、無駄に広すぎるんだよね。

そんな家に2人きりです。

今日の我が家を見て、うらやましいとしきりにこぼしていました。

ガキ3人やオラたちも含めて総勢10名だから、賑やかというよりはやかましいだけですが。

考えてみれば、おかんは5人兄弟ですが、ここまで子供や孫に囲まれて生活しているのは、おかんぐらいです。

おかんの兄弟の他4人は子供とはもう別々に暮らしていて、あまり行き来がないみたい。

おまけに2人は夫婦の仲も危ういぐらいだし。

子供と一緒に暮らせて面倒見てもらえるというのは、今じゃもう滅多にはないんですねぇ。

ノンケだろうがゲイだろうが、生涯を一緒に過ごせるパートナーなどを見つけられるのは難しいなんてことはわかっていたんですが。

こうして、子供のころから馴れ親しんでいた親戚の老後生活を目のあたりにしてみると、いろいろと考えさせられまひた。それだけでふ。





スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 実録オトコ二人のメシ日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。