スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月末 マンション会社との交渉

<9月末>
新しいマンションにエアコンの取り付け工事を頼んだところ、問題が発生。

もともと、新しいマンションはエアコンのパイプが壁に埋め込まれている。

ので、ベランダから離れた奥にある部屋でもエアコンを取り付けられるようになっている。

ただ、その代わり、エアコンの位置がもう決まっている。

販売センターの営業から、エアコンの位置を事前に現場で説明されていた。

パイプを取り付けるための穴やエアコン用のコンセントも取り付けられていたので、場所は一目瞭然な姿だった。

後は、自分でエアコンを買って取り付けるだけ、と説明されていた。

ので、ヨドバシでエアコンを吟味して、その売り場にあった一番高いエアコンを注文することになった。

もともとパイプが壁に入っていることを説明したところ、それは買う前に業者に下見してもらったほうがいいと、ヨドバシの人に言われた。ダイキンのエアコンにしようと思ったんだけれど、加湿の機能がついているのでパイプが特殊になっているみたい。

業者に下見に来てもらったところ、エアコンの取付予定の場所をひと目見るなりいきなり、

「あ?これは、無理ですね。」とアッサリ断言されてしまっただよ。

その取付予定の場所は、梁のところなんだけれど。

その梁が高さ30センチぐらいしかない。

エアコンがおよそ高さ30センチぐらいだから、本当にギリギリになってしまう。

天井から約5センチの余裕がないと、上から空気を吸い込めない。

ちょっと下にずらすにしても、梁からはみ出てしまい、強固に取り付けることができない。

そりゃ、無理をすればギリギリに取り付けられるだろうけれど。

後々の責任問題が出てくるので、ヨドバシやビックカメラなどの決まり事では、こういう条件のは受け付けないとのこと。

全然ダメじゃん!

慌てて、販売会社に連絡したところ、責任問題とかを曖昧にごまかされた。

そのうえ、梁の高さを増やすために追加工事をしなければならなくなったけど、なんと、その工事費を請求された!

タンタンが怒り狂ってしまい、急遽、二人で販売会社へ押しかけただよ。

改めて思ったけれど、怒り狂ったタンタンは・・・きょわい。

別にヒステリーにはならない。むしろ、冷静に理路整然とおかしいところを追及していく。

その節々に、「法的に・・・」「知り合いの弁護士と相談を・・・」と脅しをさりげなく入れていく。

結局、販売会社が責任を認め、工事費は無料となった。

ついでに、他にもいくつか見つかった部屋設備の不具合も、引渡しまでに修理してもらうことになった。

タンタンの全面勝利でやんす。

その鋭い矛先を、これからオラに向けることはありませんように・・・。



スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 実録オトコ二人のメシ日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。