スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別邸 仙寿庵

でへへへへへ
こんな贅沢していいのかな?と思うけれど。
クリスマスだし、1年間がんばった自分へのご褒美ということで。
あの別邸 仙寿庵に泊まっちまったじぇ?
あちこちで紹介されている、有名な高級温泉宿。
なんせ、一泊一人44000円ナリ。
ここまで高い温泉宿に「自腹」で泊まったのって初めてかも。
ぐへへへへ


谷川温泉だけれど、水上にも近いので上野から水上直行の電車にて。
電車がすっげぇボロかったけれど、ま、哀愁があっていいかも。
・・・・・・周りを見渡してみると、皆、温泉町に行くのか、カップルばっか。
男性同士のカップルはうちらだけ、オンリーワンだった。
もうここまでくると開き直ってしまえるので、さりげなくいちゃいちゃしながら呑んだくれ。


061223(1)


061223(2)



新宿駅南口でゲッチュしたRF+SELECTIONのおつまみ。
この店だと朝8時からやっているから、便利なんよな?
こういうおかずがいっぱいなセットだと、おつまみにサイコ?
でも、車両の中で朝っぱらから呑んだくれているのはオイラだけ、オンリーワンだった。
いいのさ、オイラは世界にたった1つの花だから?



ぬおおおおお
宿がすげぇ!さすが高級温泉宿やで!


061223(3).jpg



ロビーでウエルカムドリンクを頂いた。
ウエルカムドリンクのメニューがあって、大体6?7種類の中から好きな飲み物を選べた。
その中にビールやホッとワインもあって感激やった?
ウエルカムドリンクに酒があったのって、初めてかも。
いいじゃねえか!ここ!


061223(4).jpg



部屋からの景色がすっげぇ?


061223(6).jpg



部屋から谷川岳がくっきり見えマス!


061223(7).jpg


061223(8).jpg



感心したのはすっげぇきめ細かなサービス。
部屋にこんなものまで備え付けられてたし。

061223(10).jpg



布団や枕の固さなども指定できた。
タンタンとオイラ、枕の好みが全然違うから、こういうのって嬉しいんすよ?

061223(9).jpg



部屋の玄関が広くて、こんなミニキッチンがあった。


061223(5).jpg



オイラたちの到着時間を見計らって、セイロで温泉饅頭をあっためてくれていたらしく、部屋に到着すると同時に案内してくれた仲居さんが温かい温泉饅頭を出してくれた。

061223(12).jpg


061223(13).jpg



仲居さんやスタッフの一人一人がすっげぇサービスいいんすよ?

宿の庭などを散歩していたとき、仲居さんとすれ違うけれど必ず挨拶してくる。
オイラたちが景色に夢中になってて、廊下に背を向けていても、必ず失礼しますとことわりながら通り過ぎさるんですよ。
それだけじゃなく、目があったりすると、今年は珍しく雪が積もらないんですよ?とか外は寒いので気をつけてくださいね?とか一言さりげなく気遣ってくれる。こういう自然な接客ができる宿ってそうなかなかないと思う。


敷地が広くて、読書ルームに大浴場が絶妙な場所にあった。
例えば、食事処と部屋棟の間に大浴場があったから、食事前や後に大浴場でひと風呂という使い方もできたし、便利だった。


061223(14).jpg



離れに読書ルームがあったんすが、暖炉があって、ぽかぽか温まりながら居眠りしてしまいまひた。


061223(15).jpg



食事がですね・・・・・・・・昇天してしまいまひた。
フグにアワビ、トロ、ナマコ、ビーフロース、甘鯛、タラバ蟹など高級食材も多かった。
もし、都内の料理店だったらこのコースはいくらぐらいになるんすかねぇ。
オイラ、こんな贅沢していいんすかねぇ。


061223(17).jpg


061223(16).jpg


061223(18).jpg


061223(19).jpg


061223(20).jpg


061223(21).jpg


061223(22).jpg


061223(23).jpg


061223(24).jpg


061223(25).jpg



ずっと悶えっぱなしだった。
文句なしに、今までの旅館での料理の中ではトップレベルだった。
あふぅ?天国でしゅた。


メシの後、大浴場で風呂浴びて、その後はマッサージやで?
この宿の場合はどちらかというとエステ色が強い。
足のマッサージをやってみたんだけれど、足ツボをぐりぐり押すようなのではなく、アロマオイルを使って足全体をマッサージするタイプだった。
香りがよくて、気分よくて、うとうとしてまう。
至福って・・・・・・こういう時を言うんやね・・・・・・・



布団をしいてくれる時に夜食も用意してくれていた。
ミニキッチンのセイロにチマキが入っていて、もうタイマーとか設定されて、後はスタートボタンを押すだけの状態で用意されていた。
ほっかほっかのチマキで夜食。
これがまたシュアワセ???

061223(26).jpg




夜中、部屋付の露天風呂に2人で入ってぼーっとしてたら、雪が降ってた。
細かい儚げな雪だったけれど。
こんなシーンで雪だなんて、できすぎじゃね?とも思ったけれど。
これがまさにクリ●●スやで!




朝ごはん?
器が面白いっすねぇ?こういうの自宅じゃできんわな。
ん?夕食に力を入れた分、朝食はちとおとなしめかな。
ご飯はすっげぇおいしかったんすがね。


061223(27).jpg





朝飯食べた後、風呂浴びて、二度寝してゴロゴロして?
こういうけだるい時間がいっちゃん好きやで。


11時チェックアウトギリギリまでダラダラしてた。
他の客もほとんどが11時ギリギリまでいた。ロビーはチェックアウトする客でいっぱいだったけれど、ほとんどが年配の方々だった。
オラみたいな若造かつオトコ同士のカップルなんてのはオラたちオンリーワンだった。
おもいっきし贅沢してしまった感じやね?
ぐへへへ










スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 実録オトコ二人のメシ日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。