スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人が経営している店の独特の雰囲気

明日から、タンタンの帰省につきあって鹿児島へ行く。
その前の準備で、仕事後、タンタンと待ち合わせて買い物。
新宿歌舞伎町、区役所の裏にある北京料理「玉蘭」で食事。


060511


ボリュームがあって、んめー!
そんなにぐわ?っていうぐらいウメェ!というわけじゃないし、店内も独特の雰囲気というか臭いというか強烈な個性があるし、店主人のおばさんや店員や客も癖があるキャラクターだったけれど、味はまぁまぁ満足できた。
タンタン曰く、現場の北京料理はあまり美味しくないとのこと。この店の料理は、日本人向けに味を調えたみたい。
右端にある、餡餅シアルピン(挽肉入りお焼き)は初めて食べた。なんか、平べったくした餃子みたいで、ビールと合う!これはんめぇ!




スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 実録オトコ二人のメシ日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。