スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行「開聞岳と指宿温泉」

途中で国民宿舎かいもん荘に立ち寄り湯したっす?



すっげぇボロ!だけど景色がすげぇ!



かいもん荘




ってか、海水浴の皆さんから浴槽が丸見えじゃないですか。



開放感がすごくて・・・・・カ・イ・カ・ン♪





指宿温泉でも砂風呂入ってきたっさ?



砂風呂って初めてやったけれど、すっげぇ気持ちいいっす!



熱い砂の重みが指先や足先からじわじわ?っとくる感じ。



例えるなら、なんていうか・・・・・



乱パしてて逝ったときに火照った複数のオトコが自分の上に倒れこんできた時の重みみたいな・・・・



そんな感じだね、とタンタンに言ったら、ドン引きされてもうたとです。







指宿では吟松(ぎんしょう)にてお泊り。



このホテルは旅行パックにあったホテルリストのなかから選んだんですが。



ん???まぁ、きわめて一般的なホテルやね。



メシは食事処の個室だったんですが、妙な設備があったんですよ。


指宿1



これって、温泉卵だと!
わざわざ温泉を個室に引いているんですな。


指宿2




もう1つの鉄鍋には油が入ってて、さつま揚げをその場で揚げてくれた。
こういう演出って、さすがですなぁ?


指宿3



こんなふうに演出がすごいあたりが、団体客向けの老舗ホテルって感じ。



演出はすごいし、団体のお客にはウケるだろうね?


その一方、肝心のお味のほうは・・・ん?おいしかったとは思うけれど・・・


正直、感動した!というほどではなかったねぇ。


団体客を相手するのが多いんだろうから、一般的にウケる食材が多かったし。すっげぇ珍しい!という料理や味はなかったなぁ・・・。


ま、金がムダにならなかった?と安心できる合格レベルかな。


こうやって、食事や宿に対して結構な毒舌をはいているけれど、もともとオイラはそういうのはあんまり気にしないほうなんす。


というより、食事中にマズイと言ってはいけない、と親から厳しくしつけられたほうなんで。


その時、一緒にいる人と楽しむことが肝心で、メシの味などは二の次だと思ってんすよ。だから、どんなにマズくても、雰囲気を壊したくなくてマズイとは言わずにオイシイねぇ?♪とか言いながら食べる性格なんすよ。


今日だって、愛するタンタンと一緒なんだし、些細なことなんか気にしないで楽しめばいいじゃん!とは思うけれど。


元ツアコンということもあってか、そういう評価はタンタンのほうがすっげぇ厳しいんすよ。


前菜をひと目見るだけで、ここはダメだ、と食べる前からすっぱり切り捨てちゃうし。


ぢつは、そういう厳しい評価にこちらがガマンできなくてケンカしてしまうことがあるぐらい。


ごちゃごちゃ言わねぇで、とにかく食えっ!ってこちらがキレることもあるんす。


今はもう慣れたのか、メシがマズかったら平気でマズイぃ!と食事中に言えるようになった。
(もちろん、タンタン以外の人と同席している時は口が裂けても言わない。この場合だって、タンタンが必ず先にマズイと言うし。)


ということで、このブログでの厳しい評価や毒舌などは全てタンタンのせいです(責任転嫁)


ボクは評価に甘いほうなので、よろぴくん♪












スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 実録オトコ二人のメシ日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。