スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるぐる焼肉「東京飯店 高円寺店」

勤務後にタンタンと待ち合わせてでぇと。

明日、見に行くマンションをちょっと下調べした。

んぶ?明日はどうなるか・・・


その後、軽く食べようってことで、何故か、焼肉を食べることになっただよ。

東京飯店 高円寺店
東京都杉並区高円寺南4丁目49-1
電話 03-3310-1129
PM11:00?翌朝5:00


店構えが、んぶ?、なんてゆうか、昭和時代のキャバクラって感じ。

まぶしいっす。

どれだけまぶしいかってぇと、ご飯もまぶしいぐらい。

特別メニュー(?)の帆立ご飯までが黄金色に・・・・

070727(3).jpg


こちらの店は高円寺界隈にしては高めの価格設定。

ここまで高いと、オラたちは逆にあくまでも美味しいものを食べたくなってしまう。

レバ刺しにナムルでぇ!

070727(1).jpg


らりほほ?レバーがぷるんぷるんとうまそ?

オラ、焼肉店のレベルを測るのに、レバ刺しが新鮮かどうかで見極めるほうなんすよ。

そういう意味ではここは合格でやんす。

ただ、ナムルがな?これっぽっちかよ?


肉は全て特選でないと満足できない!

特上タン塩焼に特撰上ヒレ焼!!!


070727(2).jpg


んあ?特選上ヒレ焼がすっげぇ!こりゃステーキですよ!ステーキ!

サービスなのか、スタッフが焼いてくれた。さすがプロって感じで手際がいい!

このヒレ焼の塊はそのまま横に寝かせて焼いてはダメらしい。

まずは側面を焼かないと、旨みが逃げるんだと。

側面や両面をゆっくり焼いてから、ころころと転がす。

はうぅぅう!レア焼とミディアム焼の間みたいに、中まで日が通っているけれど、すっげぇ柔らかくて・・・昇天しまひた!

炒りゴマを挽いたものをつけても美味しいし、タレでもいいけど、塩につけて食べるのが一番まいうかった?


070727(4).jpg


特上カルビ!!!

やっぱ、オラは特上カルビ命でやんす。

普通のカルビじゃ、なんか脂身が多いだけで気持ち悪くなる。

霜降り肉のようでないとダメなんすよ。

ええ、メタボちっくになることはわかっていますが、何か?


これもスタッフが焼いてくれた。

サービスがいいやね?

スタッフは北京出身らしく、タンタンといろいろ話して盛り上がっていた。

焼き方のテクがすごい。

炭火で焼いてるんですが、網があるんですよ。

その網をですね、ぐるぐるぐるぐる回転させるんですよ!

スタッフ曰く、炭火で焼くと火の強弱が場所によって違ってしまうから、こうしてグルグル回すことで全ての肉に火が均等に通るんだと。

こんなテク、知らんかったです。初めて見まひた。

オラとタンタンの間で、そのスタッフのことをずっとグルグルさんと呼んでしまうぐらい。

ぐるぐる焼肉???






スポンサーサイト

タンタンのいいところ

070726.jpg



【今日の献立】
スタミナ焼肉丼(牛肉、にんにくの芽、玉ねぎ、人参、キムチ)
キュウリとトマトのピリ辛サラダ
味噌汁(ミョウガ、ワカメ、豆腐)


オラ、丼ものはあんま作らないんすよ。

好きなんだけれど。

なんていうか・・・小鉢ものが好きだし、栄養バランスとか考えるんだったら一汁三菜が絶対だ、って思ってしまう。

だけど、平日に仕事帰りでしんどい時はあるし。

栄養バランスとか一切考えずに、作りたいもんを作っちゃうタンタンを少しは見習うことにした。

あ、誉めてるんですよ。もちろん。ええ。

こんな簡単にできるんやったら、しんどい時は丼でええか。





男運のなさは国境を越える

ビザ取得のため、友達がアメリカ留学から2年ぶりに日本に一時帰国してきた。

成田空港に着いて、そのまま実家に帰らず、ニチョメへ直行というのが彼らしい。

ニチョメの床屋にて、イカにも系な髪型にしてさっぱりした彼は、2年前と変わらなかった。

前はよく一緒に飲んでいたのに・・・2年ぶりに会うとなると、妙にこっぱずかしかった。

久しぶりに、若い頃よく一緒に行っていた魚や一丁へ。

ここもすっげく久しぶり。

前はよくここで合コンや宴会などなどやっていたっけ。

アメリカ帰りだから、刺身とか日本料理をと思った。


070725.jpg




すっかり忘れていたけど、彼、料理とか食事とかそういうのは、あんまこだわらないタイプだった。

食事よりも、2年もの間、積もりに積もった話で盛り上がった。

彼は思いっきりアメリカ生活を楽しんでいるようす。

アメリカ生活のほうが性に合うらしい。もし、できればアメリカで仕事を見つけて永住したいかもなんて言い出すぐらいだった。

オープンな交流関係が気に入ったみたい。

大学キャンパスで、普通にお仲間さんと会って、普通にランチしたりデートしたりする。

遊びに行く時も、お仲間さんかどうか関わらず、ゲイ・ビアン・バイ・ストレートなど混ぜ混ぜで、気が合う仲間で遊ぶ。

そういう、ゲイとして全く普通の生活で普通に出会いがあって普通に暮らしているという感覚が、彼にとってはすっげく居心地いいみたい。

そいや、彼が日本にいた頃、よく不満で言っていたのが、「昼にゲイと会いたい!」ということだった。

お仲間さんと会うのは夜のニチョメや発展場だけで、昼に普通の生活の中で出会うということがない。

それが、彼にとって、すっげく不満というか、憤懣やるかたなしという感じだった。

彼はもっと自分に正直に生きたいというタイプ。

日本でも、大学時代に親へカミングアウトしたり、大学友達へカミングアウトするなどなど、わが道を貫いてきた。

その若い年頃で一人で飲むっていうのが、あんまりない中、彼は率先して一人でさっさとゲイバーへ行って飲みに行っていた。新しい店も一人で次々に開発していった。

団体活動にも積極的に関わっていっていた。

もちろん、その分だけ周りとの衝突や事件もあって、その度に悩んだり落ち込んだりしていたけれど。

とてもしぶとく、強い人だな?と思う。くされ縁の友達だから、なかなか言えないけれど、彼の生き方にはちょっと憧れるものがある。

思えば、初めて会ったのは彼が高校生の頃。

あんなに幼かった彼がここまで成長して・・・かーちゃんは嬉しい・゚・(つД`)・゚・








しかし、男運のなさはアメリカでも変わらないようで。

今も、なんでか、難しい男とつきあっているみたい。

日本でも散々泣かされたのに、懲りないヤツ。

男運というのは、日本だろうが外国だろうが変わりないんやね(*´∇`*)









タンタンの誕生日「赤坂離宮 銀座店」

今日はタンタンの誕生日。

奮発して、赤坂離宮のディナーコースを奢っただよ。

前にランチを食べに行って、美味しかったのでディナーも試してみたかった。

銀座店のほうが評判がいいみたいなので、今回は銀座店のほうへ。

店構えからして高級オーラをビシバシ漂わせている。

こういう店も楽しいやね♪

070724(1).jpg




焼き物前菜盛り合わせ

070724(2).jpg



鴨とか雉(?)、ダックなどなどの肉の盛り合わせ。
ふぉ?皮がパリパリしててまいう?
それぞれの肉の特徴がくっきり出ていて面白い。
こういう食べ比べも楽しいやね。



帆立貝柱のXO醤炒め

070724(3).jpg



これがあるから、このコースを選んだといってもいいぐらい。
帆立貝柱がタンタンの大好物なんでやんす。
ふぉぉぉ?すっげぇでかっ!
焼き加減が絶妙!
帆立をかみ締めると、じわ?っと旨みが出てきて・・・
刺身と焼き物の良いところをそれぞれ取ったような感じ。
はうぅ?これに一番シビれたでやんす?



冬瓜とふかひれ姿の蒸しスープ

070724(4).jpg



ふかひれが丸ごと入ってたで♪贅沢?
ま、ぶっちゃけ、ふかひれそのものに味はないんだけれどね。
これは金華ハムでとったスープらしくて、初めての味わいだった。
これって・・・あの、馴染みの深い・・・・味覇(ウェイパー)の味に近いかも!



北京ダック

070724(5).jpg



マカオや香港でもいろいろ食べたことがあるけれど。
こちらの北京ダックは、皮だけを挟むやつだった。
甘いタレにキュウリや白ネギを挟んでクルクル。
はう?ん、パリパリした皮と脂が甘いタレをまぐわって・・・
昇天しまひた



本日の魚の姿蒸し物

070724(6).jpg



蒸した魚に野菜のあんかけをかけたもの。
魚もぷりぷりして美味しかった。
野菜も、大ぶりな椎茸などなど濃くて・・・
言うことなしでひた


干し貝柱と卵白入りチャーハン

070724(7).jpg



これも今回のねらい目だった。
ふぉぉ?すっげぇ上品なお味!
今まで食べたチャーハンと比べても、すっげくさっぱりしていて、そのくせ、味深い!
チャーハンというと、ぎとぎとしたイメージがあるんだけれど、これはさっぱりしている。なのに、ご飯がバラバラに炒めあがっていて、絶妙!
これだけでも来たかいがありまひた



ダメもとで誕生ケーキを出せないか頼んでみたところ、プリンだったら出せるとのことだった。

オラ、あのプッチンプリンをイメージしてたんですよ。

しかも、名前も書いてくれるとのこと。

オラ、上のキャラメルソースがかかっているところに、生クリームか何かで書いてくれるのかな?と思ってたんですよ。

で、実際に出されたのがこれ。


070724(8).jpg



う、ウケまひたヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

中華風プリンなんですなぁ。

なんていうか、甘いクッキーを焼く前の状態みたいな感じ。

卵や牛乳の中にタピオカが入っていて、激アマ!!!

少なめだったら、全部いただけたんだけれど、30センチぐらいの大皿にでんと盛り付けられちゃって・・・

う、ウケまひた(≧∇≦)ブハハハ!

タンタンもすっげくウケてくれて、盛り上がれて、大成功?



サービスもすっげく良かった。

料理を食べ終わる絶妙のタイミングで次の料理を運んできてくれた。

どこかに監視カメラがあるのか?と疑ったぐらい、タイミングが絶妙。

その代わり、奉仕料10%を取られたけれど(;´Д`A ```

まぁ、これぐらい完璧なサービスだったんだし、納得はできるかも。



家に帰った後はサプライズプレゼントして、喜んでもらえた。

タンタンも感動してくれたらしかった。

次の日、タンタンからこんなメールが


「昨日はありがとう。

よほど俺のことが好きなんだなとわかりました。」




図に乗ってやがるわ!このアマ!

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル








なんとか・・・

おつカレーライス

月曜はいつもダルダルでやんす。

珍しくタンタンが早めに帰ってきた。

なんか、オラが先に帰って一人でいる時は料理ができるけれど。

タンタンが側にいると、どうも、料理しようって気にならないんすよ。

オラが料理している間、TVをだらだら見ているタンタンを見ると、オラがこんなに働いているのに!とむかっ腹たつからということもある。

愛とは与えるもの・・・・・・・の悟りにはまだまだほど遠い若造でやんす。

なもんで、勝手に酒呑みながらダラダラしていたら、タンタンが勝手にチャーハンを作ってくれた。


070723.jpg



これも実験的な料理だったけれど。

シーフードにシーマヨ、アボガドを入れてみたらしい。

え?と、うん、まぁ、食べられるでやんす。

・・・う?ん、まぁ、はい。





つきじ宮川本廛 中野支店

ホンマは土用の日に食べるべきだけれど。
今年は月曜だし、混むだろうってことで1週間早く鰻を頂いただよ。

つきじ宮川本廛 中野支店
中野区上高田1?1?26
03-3387-1141 

ん?場所的にビミョウ・・・。

葬式や火葬をする落合斎場の隣にあるんやね。

立地的に客はもっぱら葬式の参席者が多いんだろうね。

オラたちが入った時も、隣のでっかい部屋に親戚一同が集っているらしく、にぎやかでひた。


覚悟していたけれど、やはり、注文してからしばらく待たされる。

注文を受けてから捌いてんでしょうかね。

美味しい鰻が食べられるんやったら、我慢できるで。


ビールを注文したところ、仲居さん(?)がオラをじっと見て、お年のほうは大丈夫ですか?と聞いてきた。

・・・・・・お、オラ、20歳未満に見えますか???

んまぁっ♪

すっげく嬉しくなっちゃって、上機嫌♪

オラ、まだまだ現役やね♪



だけど、その後、鰻を持ってきた仲居さんが

「どうぞ。お客さん、恰幅のいい身体からしてたくさん食べそうだから、ご飯を大目に盛りつけましたね。おほほ・・・」

・・・・・お、オラ、デブってことですか???

Σ( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!


070722.jpg



肝心のお味のほうは、いかにも上品って感じ。

スーパーとか普通の鰻だったら、ぎとぎとしてて甘辛いタレがかかっていて、いかにも濃い感じだと思う。

でも、これは脂もぎとぎとしてなくて、あっさりめでふんわりと焼きあがっている。

タレも辛口のさっぱりめ。

胃にも全然もたれることなく、ガツガツいけまひた。

やっぱ専門店で頂くと、全然違いますねぇ?

ここまで違うのもスゴイから、感動しまひたわ。








美味くても物足りないビシソワーズ

070721.jpg


【今日の献立】
ハンバーグ
付け合せ(ナポリタンスパゲティ)
イタリアンサラダ
ご飯
冷たいジャガイモスープ


前にジョヴァンニで食べた冷たいスープをパクってみた。

cook pad で紹介されていたレシピで作ってみただよ。

なかなかに本格的なお味。

我ながら結構、まいう?

しかし、やはり、カボチャのアイスが足りない!!!

あの味を知ってしまうと、物足りなくなってしまったでやんす?





四ツ谷のたい焼き「わかば」

髪を切りに行ってきただよ。

タンタンと一緒に。

ええ、オラたち、髪を切るときも一緒に行きます。

ベタベタカップルです。オホホ。



その帰り、ぶらぶら散歩して、途中で四ツ谷のわかばへ。

東京たいやき御三家と言われているみたいやね。

並んでいたけれど、めげない!めげない!じっと我慢して並んだ。

空いているときだと作り置きだけになっちゃって焼きたてが食べられないから、並んでいるほうがかえっていいかも。

10分ぐらいで焼きたてをゲッチュ。

20070723115640.jpg



衣が薄くてバリバリ焼きたて。

外はバリバリ、中はアンコたっぷり。

まいうぅ???

しかし、たい焼きを作っているあんちゃん・・・・

ピアスにごっついゴールドのネックレス・・・・

こんな風体の人が、老舗の古いたい焼き屋で働いている。

一体、どんな経緯があったんだ?そっちのほうが気になってしまう!







一人宴会は病のもと

070720.jpg



今日、タンタンは会社の友達らと焼肉パーチー

オラは疲れ気味だったので、さっさと家に帰って、一人宴会。

冷奴と冷酒が合う季節になってきましたなぁ。

一人宴会のいけないところは、独り言が増えてしまうこと。

テレビに対しても、常につっこんでいるし。

マンガに対しても、そりゃないだろぅ?と一人で声を出して突っ込んでいる。

んで、一人で会話を始めちゃう。

こう、首を左右に交互にかたむけながら、一人会話してしまう。

ビョーキですな。












可愛い男

070719.jpg


【今日の献立】
肉詰めピーマン
イタリア風サラダ
レンコンのキンピラ
ご飯
白菜のホワイトスープ


このピーマンや白菜は先週にタンタンが買ってきたもの。

そのまま忘れていたらしく、冷蔵庫の隅に放置されていた。

あまりにも憐れなので、冷蔵庫の掃除も兼ねて、料理に使っただよ。

食卓に出してから、ピーマンとか白菜を買っていたの忘れていただろぅ?とタンタンに問い質したところ。

テヘっ、と可愛くやられた。

・・・・40歳目前のオトコにやられてもキモイだけかもしんないのに。

つい、カワイイと思ってしまったオラは病気かもしれません。






鳥天のつけ醤油のバージョンアップ

070718.jpg



【今日の献立】
鳥天
アボガドなめこサラダ
ご飯
味噌汁(油揚げ、カボチャ)
お新香

久しぶりに鳥天が食べたくなって、作っただよ。

子供の頃は、最低でも2週間に1回はこれが出ていた。

普通のメシだと思っていたけれど、やはり、大分地域だけのだったみたいやね。

タンタンも鹿児島出身だけれど、オラに作ってもらうまでこれを食べたことがないし。

今では大好物になってくれた。

つける醤油も、「ポン醤油」「生醤油」「醤油+レモン」「甘醤油」とバージョンを揃えるようになった。

オラ、鳥天といえば、ポン醤油か、醤油+カボスだったんですが。

鹿児島の甘い醤油も意外と合うでやんす。

前に九州の会をやった友達らがまた来たら、甘い醤油でやってみるでやんす。






どのように食事教育すべきか・・・

070717.jpg


【今日の献立】
肉じゃが
ナスの煮びたし
トマトサラダ
ご飯
味噌汁(油揚げ・豆腐・ワカメ)


久しぶりにメシを作った。

冷蔵庫の中をゆっくりチェックしたのも久しぶり。

最近、料理などをタンタンに任せていたけれど、とんでもねーことがわかった。


●帆立の刺身パック→パックを指で破った後、ラップをかけることなくそのまま放置プレイ
●玉ねぎ→なんでか半分に切られてラップに包まれた玉ねぎが3個もあった。
●シーチキンの缶→隅っこにちょこっとだけ残っているのをそのまま放置。
●味噌汁→5日前の味噌汁の残り。それもちょびっとだけを、パックに入れたまま放置。
●コーンとかほうれん草とか細切れ肉とか、細かいものがラップに包まれたまま、ぐちゃぐちゃ


タンタンはすっげぇ貧乏性で、メシや食材が余ると、ほんの僅かな量でもパックに入れて冷蔵庫に入れたがる。

そのくせ、すぐ忘れる。

しかも料理の時は細かくて、レシピにあるとおりの量でないと気がすまない。

少しでも量をオーバーしていたら、余りはそのまま冷蔵庫へ直行。

そして、そのまま忘れる。


↑それがこの結果なんですな。

・・・・どのように教育すべきか・・・・・






古月 新宿店


久しぶりの休日でやんす。
新宿御苑などをぶらぶらとでぇと。
ランチは、タンタンが香港の友達と一緒に行ったことがある店に連れていってもらった。

古月 新宿店
東京都新宿区新宿1-5-5 2F
03-3341-5204
ランチ   11:30?14:30(L.O.) ディナー  17:30?22:00(L.O.)
定休日:水曜日


ランチ1500円のコースにした。
ご飯・サラダ・スープ・漬物・デザートに加え、メインを2品選べる。
メインも5種類あった。
オラたち2人とも、できるだけ多くの種類を食べてみたいというグルメ魂がやどっているので、5種類の中から食べたくない1種類だけ選んで、他の4種類をオーダーした。

サラダでしし。
蒸し器の中に小鉢が。
こういうデザインって面白いやね。
じ?っと眺めていると、横からタンタンが「またパクろうとしている?」とチャチャ入れてきやがる。
学習している、と言ってくださいな。

070716(1).jpg



名前は長ったらしいので忘れたけれど・・・
豚足に冬瓜をオイスター風味で煮込んだやつ。
それと、白身魚の揚げ物に香味野菜のソースがかかったやつ。

070716(2).jpg


バリんめぇ!
豚足もコラーゲンたっぷりって感じ。
だけど全然くどくなくて、さっぱりしている。

香味野菜のソースも、ニンニクや白ネギなどのソースが香ばしかった。
魚の揚げ物も、天ぷらみたいに揚げられているんだけれど、なんか、匂いが香ばしい。
山椒みたいなスパイスがかかってんのかな。
中華料理なんだけれど、スパイシーって感じで珍しかった。


マーボー豆腐でし。

070716(3).jpg


あ?これは?
マーボー豆腐もいろんなタイプがあるけれど、これは、スパイスが際立っている感じ。
山椒だけじゃなく、いろんなスパイスを入れているような感じ。
すっげく香ばしくってスパイシ???



海鮮サラダ。

070716(4).jpg


前にこの店に来たことがあるタンタン曰く、この料理がこの店らしいとのこと。
食べてみてわかった。
・・・すっげく漢方薬くさい(^▽^;)

ほらさ、中華街で中華料理の食材専門店とかに入ると、独特の匂いがするじゃないですか。
薬のような漢方薬のような独特の匂い。
このサラダはその匂いがすっげく強い。
何のスパイスなのかわからないけれど・・・なんていうか・・・すっげく本場ちっくな味。
決してマズイわけでもないけれど、馴染みのない味というか・・・・やっぱ本場ちっくな味だね。それしかいいようがない。

前にタンタンが香港の人をここの店に連れて行ったところ。
香港人もこの店って本場の味だねぇ?と評価していたぐらい。
本場の人をもして本場の味だと言わしめるぐらいだから、すごいよねぇ。

タンタン曰く、夜はアラカルト注文はできずに、コースのみ。
コースだと、こんなふうに本場ちっくな味の料理が続くから、本場ちっくの味に慣れてない人にとってはツライかもしれない。
というか、タンタンがそうですから。
結局、この海鮮サラダもオラが一人で全部頂いた。

タンタンにとっちゃ、夜よりも昼のほうが選択肢があるからランチコースのほうがいいみたい。
確かに、ご飯・サラダ・スープ・漬物・デザートに加え、メインを2品選べる。
これで1500円。すっげくお得感がある。
休日に御苑をぶらついたら、ここでランチというのはすっげくいいかも。
ただ、やはり、人気があるのか、混んでいる。
オラも20分ぐらい待ったけれど、この店の構造上、並んで待つというのができないので、店内の入口あたりでじっと立ってなきゃいけない。それがツライんよな?。

スタッフもなんでか全員がオトコども。
場所柄を気にしているというわけではないんだろうけれど。
どうせなら・・・・なんつっ亭みたいに、硬派バリバリの風体にしてほしいでやんす。








庶民の味方「ジョヴァンニ」

またまたジョヴァンニ

友達が泊まりに来ていて、なんか濃い洋食を食いてぇってことになった。

家のごく近くで美味しいレストランっていうと、これぐらいしかないし。

家から歩いて行くので、なんか、近所の店っていう感じで気合ゼロ。

服も、家で着るヨレヨレのTシャツにジャージ短パンのまんま。

店としては迷惑ですかねぇ?


シーフードサラダ

070714(1).jpg



ん?オリーブオイルにレモンや塩・胡椒のあっさりめ。
美味しかったけれど、ちっと、どばどばっと濃くしてほしいな?と思ったオラの舌は化学調味料に汚染されてんすかねぇ。


ここではビシソワーズなんて言わずに、冷たいじゃがいもスープ、とそのまんま言う。
そういうセンスは好きですねぇ。

070714(3).jpg



真ん中にあるのは、カボチャのアイスクリーム!
スープだけでも激まいう?なのに、甘い風味たっぷりのカボチャのアイスクリームと一緒に食べると、辛口のスープとカボチャの甘みが混ざってミラクルワールドに。
こりゃ、なかなかにまいう?でひた★


先週からオラはがんばった。
2週間も休みなしで残業もしてがんばっただよ。
そんなオラへのご褒美として、オラの好みを選んだ。

ウニパスタ?

070714(4).jpg


大ぶりな生ウニがどでんっと!
らりほ?
クリームもウニの風味がきいていて、色もキレイなウニ色に光っていた。


これがメイン!フォアグラでぇ!

070714(5).jpg



外はカリカリ、中はトロ?リ♪
バルサミコ酢のソースがヤヴァかった!
これだけは皆で分けて食べないで、オラ1人だけで全部独り占め♪
っていうか、単に皆がフォアグラが嫌いなだけだったんだけれど。
天国でひた。



ヨレヨレのTシャツにジャージ短パンのオラたちに言う資格はないのかもしれないけれど。
この時、たまたま、3組の子連れ家族が来ていた。
ガキは3?5歳の、すっげぇウルサイ年頃。
店内を走り回ったり、ぎゃあぎゃあとウルセェガキどもでひた。

しかし、一番許せないのは。
そんなガキどもがフォアグラを当たり前のように食べていたこと!
くらえ!殺人光線ビーム!





給食カレーを食べるには

休日なしで連続で働き続けるのって、ホンマにキツイでんな。

メシを作る気も起こらず、簡単にコンビニで弁当でも買おうかということになった。

なんか・・・こういう時に限って、コンビニの弁当がマズそうに見えるのはなんでかねぇ。

食べる気も起こらず、「給食カレー」という懐かしい響きに惹かれて、つい、カレーのレトルトにしただよ。

心が弱っていると、昔を思い出すキーワードに犯られてしまいまひ。


070709.jpg




・・・・ダメだ!ダメだ!
これは給食カレーじゃねぇ!
先割スプーンで食べないカレーなんか給食カレーじゃねぇ!









大人の寿司


今日も休日出勤でひた。
やってらんねぇよ!寿司が食べてぇ!ってことで、チャリを飛ばして、桃太郎寿司へ。
生マグロのフェアをやっているらしく、生マグロの大トロや中トロなどが出ていた。
オラは迷わず、生マグロの大トロをオーダーしただよ。


070708(1).jpg



旬の寿司セット。
キスとかススキみたいな白身魚って上品でんな。
オラはやっぱ下品ちっくに、ウナギやアジのほうが好きかも。


070708(2).jpg



大トロに中トロ、ウニ、イクラ、一本焼き穴子、アジ、帆立、卵焼きなどなどで満腹。
あっふぅ♪
働いて得た金を自分で好きなように使える大人ってシアワセ・・・ってこういう時だけ思いマフィン。





豪華なのか豪勢なのか豪量なのか

休日出勤ってツライっすねぇ?
ずっとタンタンへ愚痴メール送りっぱなしでひた。
そのかいがあったのかどうか、帰ってみたら、タンタンが豪華なメシを料理してくれていた。


070707.jpg




【今日の献立】
帆立と空豆の炒め物
ニンニクの芽と牛肉のオイスターソース炒め
アサリの酒蒸し
カボチャの煮物
韓国風冷奴
ご飯
食べる味噌汁(豆腐、油揚げ、ワカメ)


おぉぉ???すげぇじゃないですか!

すごいんだけれど。すごいんだけれど。

二人で食べるには量が多すぎじゃないですかねぇ(^▽^;)

初心者にはよくあるけれど、ついつい、作りすぎてしまうんかいね。

というか、多分、バランスとか量とか考えずに、タンタン的に作りたいものを作ったらしい。

どれもこれも初めて作ったらしく、実験的なもんだと。

お味のほうは、うん、まぁ、初心者の味だなという感じ。

もし、レストランとかでこの味の料理を出されると、その場でテーブルをひっくり返すけれど。

目の前のタンタンが作ってくれたというスパイスで、にこやかに食べられる。

これぞ手作りの醍醐味やね。

もっと経験値を積んでレベルアップしてほしいでやんす。




ソフトクリームを一緒りんこ

中野界隈をブラブラと散歩して、一休み。

中野ブロードウェイ地下にあるソフトクリーム屋さん「デイリーチコ」でソフトクリームでぇ。

070631(1).jpg


1人でソフトクリームをまるごと1本食べるのも恥ずかしいし、ってことで1本だけ買って、タンタンと一緒に食べた。

よくよく考えたら、男2人で一緒に食べる方が、こっぱずかしいでんな。

もちろん、スプーンを使って一緒に崩しながら食べたけれど。

周りはオンナガキどもばっか。

いい年したオトコ2人が1本のソフトクリームを一緒に食べているのって・・・自分で妙にウケまひた(*´∇`*)






Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 実録オトコ二人のメシ日記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。